相模原駅前 TOEIC900点 国連英検A級取得者の英会話教室 ディスカッション塾 えいごのもり

HOMEお問合せサイトマップ更新履歴一覧
  ★2020/05/16 英語ディスカッション塾えいごのもり オンラインに移行。   ★2016/04/09 相模原 討論もできる英会話塾 Speech & Discussion 新規開店いたします。どうぞよろしくお願いいたします。




塾長の想い 詳細記事(No.1985)
【ブログ記事一覧へ】
2020/01/30(塾長の想い)
塾長の想い その45
もう、クイズ大会はやらない

衝撃的な本を読みました。
「彼女は頭が悪いから」
姫野カオルコさんの書かれた本です。

東大の男子学生5人による強制わいせつという
実際にあった事件から、着想を得たそうです。
姫野さんは裁判の傍聴にも行ったそうなんで、
フィクションとはいえ、空気感がかなり伝わります。
作者の怒りも。

この本を読んでしまってから数日、
なんとも言えない、過去の悔しさや苦しみが
蘇ってきてつらいです。

だからといって

東大生は私たちを見下してるとか
理系はわれわれ文系を馬鹿にしているのだとか
なんといってもとにかく男ってやつは汚らわしいとか
我々ブスはなにをしようととにかく見下されるのだとか

そっちのほうに精神がいくと、

単に自分の世界が狭くなるだけなんで、
なんですが

しかし、
この怒りをどこにぶつければいいの、
という思いもあり、

とりあえず、
クイズ大会やめてみよう
と思いました。

もともとあまり人気のあるイベントでもないし

えいごのもりでは2年に一回ぐらいの割合で、
これまでクイズ大会をやってきました。
えいごのもりが始まったのは2016年だから、
つまり今まで二回やったんですね。

第三回目のクイズ大会は
今年のハロウィンごろに自宅で催そうかと考えていたのですが
なんだか嫌になった。
代わりにお茶会にしようかと。

うん、そうだそうだ、そうしよう。

えいごのもりは、
知識を誇ったり競ったりするような場所ではないのだと
社会に知らしめる必要がある。

そういうことをしたいひとは
あの本にも出てきた
ベルなんとかというとこに行きゃいいのだ。

ところであの本。
なんとも救いのない話かと思ったら
そうでもないのだ。
すごく高潔なひとがひとりだけ出てきます。

ああいうひとに、なりたいなあ。
2020/01/30

最近の記事
・2020/06/11 塾長の想い その52
・2020/06/04 塾長の想い その51
・2020/05/08 塾長の想い その50
・2020/03/25 塾長の想い その49
・2020/02/25 塾長の想い その48
・2020/02/14 塾長の想い その47
・2020/02/07 塾長の想い その46
・2020/01/30 塾長の想い その45
・2020/01/17 塾長の想い その44
・2020/01/17 塾長の想い その43
20207
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

<<<< 前の月 次の月 >>>>
BACK NUMBERS

CATEGORY
■(0)
■全記事(0)



英語ディスカッション塾 えいごのもり
〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原3-1-10 
JLB グランエクリュ相模原駅前401号室
TEL 070-2178-3355
Copyright © 2016-2020 Discussion えいごのもり Powered by POOSNET